• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > トピックス > 2014年のトピックス > アジア現地拠点の拡充についてのお知らせ

ここから本文です。

2014年4月8日

アジア現地拠点の拡充についてのお知らせ

お知らせ

長島・大野・常松法律事務所(以下、「当事務所」といいます。)は、日本企業のアジア諸国への進出に対応すべく、東京オフィス内での「アジアプラクティスグループ」の組成、現地の有力法律事務所との提携及び協力関係の緊密化、アジア主要都市への弁護士派遣による拠点確保など、アジアにおける進出支援業務の体制整備に取り組んでまいりました。2013年1月には、当事務所のアジア業務の現地拠点としてシンガポールにオフィスを開設し、事務所代表を務めていた原壽(はら・ひさし)弁護士がアジア総代表として現地に赴任いたしました。

今般、当事務所は、アジア業務の急速な拡大をうけ、次の通り、アジアにおける現地拠点の拡充を図ることにいたしましたのでお知らせします。

  1. シンガポールではオフィススペースを拡張し、駐在弁護士を増員します。アジア総代表の原壽弁護士は、引き続きシンガポールを拠点として、アジア諸国の有力法律事務所とのネットワークを活用しながらアジア業務を統括します。
  2. タイのバンコクにオフィスを開設します。タイの法律事務所で2年半以上の実務経験を有する佐々木将平(ささき・しょうへい)弁護士が代表に就任します。
  3. ベトナムのホーチミンにオフィスを開設します。ベトナムの法律事務所で2年半以上の実務経験を有する中川幹久(なかがわ・もとひさ)弁護士が代表に就任します。
  4. 中国の上海にオフィスを開設します。中国の法律事務所で2年以上の実務経験を有する若江悠(わかえ・ゆう)弁護士が代表に就任します。

シンガポールでのオフィスの拡張並びにバンコク及びホーチミンでのオフィスの開設は本年5月末までに実施する予定であり、上海オフィスの開設は本年秋を予定しています。各オフィスの業務開始日、所在地、連絡先等の詳細につきましては、決まり次第改めてお知らせいたします。なお、上海オフィスの開設は、中国の法令に基づいた関係当局への手続きを経る必要があります。

当事務所は、これを機に、東京オフィス、シンガポール・オフィス、バンコク・オフィス、ホーチミン・オフィス、上海オフィス及び周辺諸国の法律事務所で執務する当事務所の弁護士の連携をさらに強化し、アジア業務に関してより充実したリーガルサービスを提供できるよう努めてまいります。

以上

本件に関する問い合わせ先
長島・大野・常松法律事務所 広報担当
03-3288-7366(直通)
お問い合せフォーム