• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > トピックス > 2006年のトピックス > 上智大学法科大学院「仲裁・ADR・交渉の研究と実践」プログラムのワークショップ参加

ここから本文です。

2006年3月3日

上智大学法科大学院「仲裁・ADR・交渉の研究と実践」プログラムのワークショップ参加

お知らせ

当事務所が協力実施している上智大学法科大学院「仲裁・ADR・交渉の研究と実践」プログラム(文部科学省法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム)の一環として、同大学法科大学院生等による調停ロール・プレイ、仲裁ロール・プレイ、及び実務家・研究者による講演・講義を主な内容とするワークショップが開催されました。

同ワークショップでは、伊集院功弁護士及び荒井紀充弁護士が仲裁・調停に関する講義を行ったほか、簗瀬捨治、道垣内正人、内藤潤荒井紀充森口聡柳澤宏輝緒方絵里子の各弁護士が、調停ロール・プレイにおける調停人役、仲裁ロール・プレイにおける仲裁人役として参加し、法科大学院生が作成した準備書面、仲裁判断等の講評を行いました。