• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > ファイナンス > プロジェクトファイナンス

ここから本文です。

プロジェクトファイナンス

当事務所のプロジェクトファイナンスの経験は、海外のプロジェクトに対するプロジェクトファイナンスを契機に国内外において20年以上にも及び、その知識、経験及びノウハウの豊富さは日本の法律事務所の中では抜きん出るものがあります。

当事務所が取り扱うプロジェクトファイナンス案件の対象事業は、発電事業(太陽光・火力・風力・バイオマス等)に代表されるエネルギー分野、道路・空港・教育施設・福祉施設・病院・廃棄物処理施設・浄水設備・刑務所等のインフラプロジェクト、内外の資源開発プロジェクト等、多岐に及んでいます。特に近時では、公共事業の実施において民間の資金やノウハウを活用する手法を利用したPFI(Private Finance Initiative)事業において数多くの実績を誇っています。

PFIを含むプロジェクトファイナンス案件において、事業者、スポンサー、アレンジャー、レンダー、国・地方公共団体等の様々な関係当事者を代理した経験を有しており、ストラクチャー構築に関する専門的な助言、各種関連契約書等の作成、契約交渉等を行っています。

さらに近時では、プロジェクトファイナンスやストラクチャードファイナンスのノウハウを応用した新たな金融手法の開発等にも積極的に取り組んでいます。

関連するニュースレター:Finance Law Update ~金融かわら版~

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2021年3月26日

外部セミナー

「歩行者利便増進道路(ほこみち)」「集約型公共交通ターミナル(バスタ)」制度上の留意点とビジネスチャンス

渡邉啓久宮城栄司

2020年10月28日

外部セミナー

Postコロナ時代のPPP/PFI~2020年7月改定のPPP/PFI推進アクションプラン及び直近のコンセッションの動向を踏まえて~

渡邉啓久宮城栄司

2019年11月21日

外部セミナー

洋上風力発電プロジェクトに関する法務の最新解説

本田圭

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2021年4月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(下)~集約型の公共交通ターミナルの整備・運営に向けたコンセッション制度の概要

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.60(March-April 2021)

渡邉啓久宮城栄司(共著)

2020年12月

論文

道路空間の新たな利活用に向けた道路法改正(上)~歩行者利便増進道路の指定制度について

ARES 不動産証券化ジャーナル Vol.58(November-December 2020)

渡邉啓久宮城栄司(共著)

2020年12月

論文

特別研究 担保法改正の動向と金融実務への影響

銀行実務 2020年12月号

井上聡

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2021年4月15日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2022において高い評価を得ました。

2021年1月13日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2021において高い評価を得ました。

2020年12月15日

受賞等

Chambers Asia-Pacific 2021において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧