• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 海外業務 > アジア > フィリピン

ここから本文です。

フィリピン

1億人を超す人口を有し、国民の平均年齢も20代と若いフィリピンは、近年はASEAN諸国の中でも比較的高い経済成長率を維持しています。また、日本との地理的な近接性や、英語が公用語の一つであることに加えて、近時は投資関連法令の合理化も進められていることに鑑みると、日系企業における投資対象国としての重要性は今後さらに高まることが見込まれます。
当事務所では、長年にわたり蓄積された豊富なフィリピン法務の知見や、現地の有力法律事務所とのネットワークを活用しながら、フィリピンへの新規進出、現地企業の買収、合弁、不動産・インフラプロジェクト、労務問題、各種コンプライアンス対応等、多岐にわたる法分野に関する助言を行っています。

関連するニュースレター:NO&T Asia Legal Update

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2021年6月17日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】建設業企業向け海外進出法務セミナー(1)【全2回】

平野倫太郎澤山啓伍前川陽一小峰湧優

2021年1月15日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】連続セミナー『アジア各国の現地事業の見直し・再編圧力に備える』第3回「フィリピン編・シンガポール編・マレーシア編」

長谷川良和坂下大

2019年11月19日

外部セミナー

インバウンド及びアウトバウンド投資の最近のリーガルイシュー
~IR、データセンター及びフィリピン投資~

洞口信一郎

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2021年7月

ニュースレター

小売業に関する外資規制の改正動向続報(フィリピン)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

坂下大

2021年3月

その他

フィリピン:新型コロナウイルスの流行に伴う、企業結合届出が必要となる基準の一時的な緩和 (1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

2021年2月

その他

フィリピン:小売業に関する外資規制の概要と改正動向 (1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

坂下大

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2018年8月20日

お知らせ

パトリシア・O・コー外国弁護士、ウェン・シュウェ・イー・トン外国弁護士の入所