• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 紛争解決 > 公害・環境争訟

ここから本文です。

公害・環境争訟

現在に至るまでに我が国において生じた公害事件あるいは薬害事件の記録を紐解けば、これらの事件に適切に対処するためには、科学、医学、薬学、統計学、疫学といった複数の分野にわたる専門的知見と経験が必要であることについては多言を要しないところです。また、公害、薬害事件でなくとも、企業がその企業活動の中で、あるいは企業買収や不動産売買取引の文脈において、土壌、水質及び大気等の汚染の問題に遭遇することは少なくありません。

公害、薬害、環境問題が万一生じてしまった場合、その規模は企業の事業活動に支障を来すものとなり、また、社会にとっても重大な危険、損害が生じる事態にもなりかねません。当事務所は、年々厳格化される傾向にある有害物質・廃棄物の規制についてアドバイスを継続的に行うことで公害、薬害、環境問題が生じないための各企業の努力をサポートします。また、当事務所は、公害、薬害、環境訴訟の企業側代理業務において、我が国でも屈指の経験を有しており、これらについても、万全の体制で臨むことが可能です。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2017年3月3日

外部セミナー

訴訟弁護士が伝授!訴訟戦略体制で勝ち抜くための法務部門の役割

木村久也

2013年5月14日

外部セミナー

訴訟弁護士が伝授!訴訟及び仲裁に勝つための法務部門の役割

木村久也

2012年9月10日

外部セミナー

法務部門の役割強化と実務対策について~弁護士との協働、グローバル化への対応など~

木村久也

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2016年11月

その他

タイ:クラスアクション制度の最新動向

商事法務ポータル「アジア法務情報」

箕輪俊介

2014年11月

論文

消滅時効、法定利率、債権譲渡etc. 民法改正「要綱仮案」の重要ポイント

旬刊経理情報 2014年11月1日号(No.1395)

大矢一郎宇治野壮歩(共著)

2011年9月

論文

豊前火力発電所事件 ―差止訴訟における当事者適格と紛争管理権

『環境法判例百選 第2版』(別冊ジュリスト No.206)

伊藤眞

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2021年5月27日

受賞等

Benchmark Litigation Asia-Pacific Awards 2021にて受賞しました。

2021年5月10日

受賞等

Benchmark Litigation Asia-Pacific 2021において高い評価を得ました。

2021年4月15日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2022において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧