• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 紛争解決 > 国際仲裁

ここから本文です。

国際仲裁

長年にわたり様々な仲裁機関における仲裁及びアドホック仲裁による紛争解決に携わってきました。

日本商事仲裁協会(JCAA)、国際商業会議所(ICC)国際仲裁裁判所、アメリカ仲裁協会(AAA)、シンガポール国際仲裁センター(SIAC)、ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)、中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)等の仲裁機関において仲裁代理や戦略立案を行い、各仲裁機関・仲裁地の実務に精通しています。日本企業の新興国への投資が増える中、新興国における国際仲裁や投資受入国を相手方とする投資協定仲裁にも注力しています。

紛争分野も、ジョイントベンチャー、企業提携、M&A、投資、インフラプロジェクト、大型建設プロジェクト、資源エネルギー、技術提供、知的財産権、代理店関係、売買等に関わる紛争と多岐にわたります。事務所の幅広いプラクティス分野における専門性を発揮し、最適の弁護士チームを組成して、各紛争の性質に適した解決方針を助言できるのも当事務所の強みです。

国際仲裁では複数の国の法律が絡み合う紛争が多く、並行して訴訟が提起されたり、特に新興国では仲裁手続及び執行において仲裁地及び執行地の裁判所が介入することも稀ではありません。当事務所は、その海外オフィス、アジア各地に駐在する当事務所弁護士及び世界各国の有力法律事務所との強力なネットワークを活用して、様々な国・地域の法律問題や裁判手続に適時・適切に対応しています。

また、当事務所は、個々の案件における仲裁代理人及び仲裁人としての活動を超えて、国際会議での講演、執筆活動をはじめ、国際法曹協会(IBA)などの国際組織を通じ国際仲裁のソフトロー作りに関わるなど、国際仲裁が、異なる法的・文化的バックグランドをもつ当事者間による紛争解決の手段として、より公平かつ使い勝手のよい手段となるよう国際仲裁プラクティスのスタンダード作りにも貢献しています。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2020年2月14日

外部セミナー

特許庁:知的財産紛争への国際仲裁・調停の活用 ―SEP(標準必須特許)・FRANDを含む世界的・包括的解決への戦略―(パネルディスカッション)

小原淳見

2020年1月31日

外部セミナー

日本仲裁人協会:国際仲裁セミナー ―ICC仲裁と「仲裁地日本」の可能性を探るー

小原淳見

2020年1月27日

外部セミナー

Recent Developments of International Commercial Arbitration in Japan

小田博

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2020年2月

対談・座談会録

2019年6月・7月開催「国際仲裁の決戦場『証人尋問』を乗り切るための留意点と紛争を予防するための効果的な契約ドラフティング」:セミナー概要と開催後座談会(下)

JCAジャーナル 2020年2月号(第67巻2号)

井口直樹杉本花織(座談会)

2020年1月

論文

Global Arbitration Review - The Guide to M&A Arbitration - Second Edition Part II (Survey of Substantive Laws) Chapter 14 Japan

青木大

2020年1月

対談・座談会録

2019年6月・7月開催「国際仲裁の決戦場『証人尋問』を乗り切るための留意点と紛争を予防するための効果的な契約ドラフティング」:セミナー概要と開催後座談会(上)

JCAジャーナル 2020年1月号(第67巻1号)

井口直樹杉本花織(座談会)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2019年9月27日

受賞等

Who's Who Legal: Japan 2019において高い評価を得ました。

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2018年11月26日

受賞等

Who's Who Legal: Japan 2018において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧