• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 労働法 > 労働法アドバイス

ここから本文です。

労働法アドバイス

主として使用者側・企業側を代理する労働法を主たるプラクティスとする弁護士を多数擁しており、国内外の様々な業種の依頼者に対して、幅広い労働問題について助言を行っています。

具体的には、就業規則・雇用契約・人事異動・懲戒・解雇(整理解雇)・労災・退職後の競業避止義務などの労働法関連のコンプライアンスや人事制度変更に伴う労働条件変更に関する助言といった典型的な問題に始まり、セクシャルハラスメント・パワーハラスメント、メンタルヘルス、高年齢者雇用・非正規雇用といった時代の変遷に伴って生じている様々な新しい問題に至るまで、多くの分野において当事務所の弁護士は豊富な知識・経験を有しており、高い評価を受けています。さらに、多数の企業買収や企業再編に関与していることから、企業買収案件においてデューディリジェンスを行い、さらに労働法関連の助言を行うことも頻繁にあります。

当事務所の労働法を主たるプラクティスとする弁護士は、労働法の他に大規模訴訟や企業法務等についても日常的に取り扱っているため、労働法の知識のみならず、企業活動全般にわたる深い理解を有しています。この点も、当事務所による労働法に関する助言が高い評価を受けていることの大きな要因といえます。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2020年11月12日

外部セミナー

Diversity & Inclusion in the Global Legal Workplace(パネルディスカッション)

塚本宏達(Webinar)

2020年10月2日

外部セミナー

Pay Equity and Issues of Inequality at Work

塚本宏達(Webinar)

2020年5月15日

外部セミナー

COVID-19: Practical Guidance for Employers

塚本宏達(Webinar)

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2021年2月

その他

ベトナム:新労働法による変更点(10)就業規則

商事法務ポータル「アジア法務情報」

澤山啓伍

2021年2月

ニュースレター

外国人労働者に関する新しい施行細則(ベトナム)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第95号(2021年2月)

中川幹久

2021年2月

その他

インドネシア:オムニバス法の制定(7)〜労務分野への影響(3)/オムニバス法の制定(8)~労務分野への影響(4)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

福井信雄小林亜維子(共著)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2021年1月13日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2021において高い評価を得ました。

2020年12月15日

受賞等

Chambers Asia-Pacific 2021において高い評価を得ました。

2020年9月17日

受賞等

Asialaw Profiles 2021及びAsialaw Leading Lawyers 2021において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧