• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 労働法 > 労働争訟

ここから本文です。

労働争訟

主として使用者側を代理する労働法を主たるプラクティスとする弁護士を多数擁しており、労働法関連の紛争において、国内外の様々な業種の依頼者を代理しています。依頼者の多様性を反映して、当事務所では、先駆的な裁判に訴訟代理人として関与することも少なくありません。

具体的には、解雇・人事異動・労働条件変更等を契機とする労使紛争における民事訴訟・仮処分事件・労働審判・労働委員会での救済手続における依頼者の代理といった伝統的な分野から、メンタルヘルスや精神疾患を有する従業員への対処をはじめとする比較的新しい問題に関する交渉・紛争の代理に至るまで、幅広い分野において当事務所の弁護士は豊富な経験を有しており、高い評価を受けています。また、労働組合への対応等についても多くの助言を行っており、団体交渉に出席することも珍しくありません。

当事務所の労働法を主たるプラクティスとする弁護士は、労働争訟の他に大規模訴訟や企業法務等についても日常的に取り扱っているため、労働法の知識のみならず、企業活動全般にわたる深い理解を有しています。この点も、当事務所の労働争訟への取り組みが高い評価を受けていることの大きな要因といえます。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2018年10月11日

外部セミナー

Favouring expatriates: how companies can avoid claims of discrimination brought by local hires

塚本宏達

2017年6月6日

NO&Tセミナー

NO&T ADVANCE 企業法セミナー ~企業法務のフロンティアを拓く~
2017年度 第3回 労働法セミナー「労働法実務の最新動向~働き方改革・労働当局対応の要点~」

杉野由和神田遵緒方絵里子深水大輔

2017年3月16日

NO&Tセミナー

US法務最前線
"Courting Business: The U.S. Supreme Court and International Business."

塚本宏達大久保涼小林亜維子

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2013年12月

ニュースレター

労働者の未払賃金等に関する労働法の消滅時効規定が違憲とされた事例(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update 第9号(2013年12月)

前川陽一

2012年4月

論文

企業におけるメンタルヘルス(安全配慮義務の再構成とその遵守という視点から)

月刊監査役 2012年5月号(No.599)

木村久也

2010年12月

論文

もみじ銀行事件等を踏まえ、規程の見直しを!退職慰労金打切りの紛争リスクと対応

旬刊経理情報 2011年1月1日号(No.1269)

塚本宏達(共著)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2019年9月17日

受賞等

Asialaw Profiles 2020及びAsialaw Leading Lawyers 2020において高い評価を得ました。

2019年4月4日

受賞等

The Best Lawyers in Japan 2020において高い評価を得ました。

2019年2月15日

受賞等

Chambers Global 2019において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧