• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 税務 > 税務アドバイス・プランニング

ここから本文です。

税務アドバイス・プランニング

いかなる取引についても、最善の税務上の効果が得られるようプランニングを尽くすこと、後日における予期せぬトラブルを招かぬよう税務面におけるリスクをできるだけ低減することは、今日においては企業経営の常識といっても過言ではありません。当事務所は、企業買収、組織再編成、資金調達、不動産や金融資産への投資等の当事務所が関与するあらゆる種類・分野の取引について、また純粋な国内取引のみならず特に国際的要素を含む取引について、法律家としての立場から、依頼者にとって最善となるアドバイスを提供すること、また、税務調査対応や租税争訟での豊富な経験を踏まえて実務上陥りやすい税務上の落とし穴を見極めた上で将来における税務リスクを最小化することにつき、豊富な経験と実績を有しています。

徹底した調査分析と豊富な実務経験に基づき、租税法令の解釈についてリーガルアドバイスを提供するのはもちろんのこと、さらなる税務上の予測可能性と法的安定性を担保するために、案件に応じ、当事務所のリソースを十分に活用して、課税当局サイドの適切な担当部局との間で事前の確認・折衝等を頻繁に行っています。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2019年12月10日

外部セミナー

デジタル課税 ―Pillar 1及びPillar 2の具体的内容と将来の実務に対する影響

南繁樹

2019年11月7日

外部セミナー

Tax Multilateralism - Panacea against Tax Abuse? Or Just a Taxpayer Compliance Nightmare!(パネルディスカッション)

南繁樹

2019年8月6日

外部セミナー

経済のデジタル化 ―OECDロードマップの概要と今後の実務に与える影響

南繁樹

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2020年1月

論文

11月8日に「第2の柱」公表 デジタル課税の法人税率に関するOECD事務局提案のポイント

旬刊経理情報 2020年1月10日・20日合併特大号(No.1567)

藤枝純

2019年12月

書籍

『デジタル課税と租税回避の実務詳解』

中央経済社

藤枝純遠藤努(共著)

2019年12月

論文

行き過ぎた相続税対策としての不動産投資には留意せよ

週刊金融財政事情 2019年12月16日(No.3336)

平川雄士

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2020年1月17日

受賞等

The Legal 500 Asia Pacific 2020において高い評価を得ました。

2019年12月27日

受賞等

Who's Who Legal: Global Guideにおいて高い評価を得ました。

2019年12月5日

受賞等

Chambers Asia-Pacific 2020において高い評価を得ました。

関連するトピックス一覧