• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > その他業務分野 > IT・テレコム

ここから本文です。

IT・テレコム

産業のIT化、インターネットを通じたビジネスの拡大が進む中で、これらに関連した法的問題もますます複雑になっています。当事務所は、IT・インターネット・放送・通信産業分野における法的諸問題にも、積極的に助言しています。具体的には、システム・ソフトウェア開発、ゲーム、ポータルサイト・サービス、コンテンツ・ストリーミング・サービス、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、クラウド・サービス、テレビ放送、MVNOを含む固定・移動体通信事業、衛星・宇宙通信等の比較的従来からある産業分野に加え、AI、IoT、FinTechなど、先端的な産業分野の案件や情報セキュリティの問題にも積極的に取り組んでいます。当事務所は、これらの事業に関して生じる法的問題についての専門的なリーガルアドバイスに加え、これらの事業を行う会社が必要とするコーポレート/M&A、ファイナンス、紛争解決関連のリーガルサービスについても、これらの事業・先端技術に関する高度な知識・経験を有するチームを迅速に組成して提供することができる体制を整えています。

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2019年12月10日

外部セミナー

デジタル課税 ―Pillar 1及びPillar 2の具体的内容と将来の実務に対する影響

南繁樹

2019年11月1日

外部セミナー

2019年度 小規模不特事業講座 クラウドファンディング編

山辺紘太郎(Web講義)

2019年10月8日

外部セミナー

AI・ビッグデータと知的財産権
~近時の法改正のAI・ビッグデータビジネスにおける活用法~

澤田将史

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2019年12月

論文

デジタル課税「Pillar2:税源浸食対抗税制―グローバル・ミニマム・タックスと税源浸食支払否認規定」のポイントと理論・実務上の問題点

週刊T&A master 2019年12月2日号(No.813)

南繁樹

2019年11月

論文

デジタル課税「Pillar1:多国籍企業の利益の配分」のポイントと理論・実務上の問題点

週刊T&A master 2019年11月4日号(No.810)

南繁樹

2019年11月

対談・座談会録

座談会「柔軟な権利制限規定の活用により期待される新たなサービスとイノベーション」

月刊コピライト 2019年11月号(No.703)

澤田将史(座談会)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2019年10月21日

お知らせ

株式会社PKSHA Technology/MNTSQ株式会社とリーガルテック領域での協業を開始しました。

2019年9月17日

受賞等

Asialaw Profiles 2020及びAsialaw Leading Lawyers 2020において高い評価を得ました。

2019年5月17日

お知らせ

殿村桂司弁護士が経済産業省/独立行政法人情報処理推進機構「企業におけるデータ利活用・保護の戦略立案のための手引書(案)の作成」に係る検討会委員に就任しました。

関連するトピックス一覧