• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ここから本文です。

アジア

アジアにおいては、企業活動におけるその重要性が高まり、日本企業の進出が急速に加速する一方、法制度、裁判制度、法律事務所等のリーガルサービスの基盤が十分に確立されていない国や急速な経済成長を遂げる中で法令の制定や改廃が相次ぐ国も多く、また、国毎の経済的・社会的・歴史的な背景により法制度が大きく異なるため、各国現地の最新の情報に基づくリーガルアドバイスが不可欠です。

当事務所の東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出支援を担当する「アジアプラクティスグループ(APG)」が組織されており、中国、インド、東南アジア諸国を含むアジア全域でのサポートを行っています。また、現地においては、当事務所のアジアプラクティスの中心拠点であるシンガポール・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu Singapore LLP)をはじめ、バンコク・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu (Thailand) Co., Ltd.)、ホーチミン・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu HCMC Branch)、ハノイ・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu Hanoi Branch)、上海オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu Shanghai Representative Office)及びアジアの他の主要な都市で執務する当事務所の所属弁護士が、APGと連携を図りながら、現地の最新の情報に基づいてリーガルサービスを迅速に提供しています。さらに、アジアの有力な法律事務所との提携・人的交流を含めた長年の協力関係を通じて得られた専門性やノウハウは、依頼者向けに最適にカスタマイズされたリーガルサービスを提供する上での有益な知見となっています。

各国の事業詳細は、以下のページをご覧ください。

関連するニュースレター:NO&T Asia Legal Update

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2021年9月7日

外部セミナー

タイビジネスに係わる最新の法制度事情
―外資規制を含む投資関連規制と個人情報保護法制を中心に―

箕輪俊介中翔平

2021年6月24日

外部セミナー

中国最新動向のアップデート
~米中関係、輸出管理法、海南自由貿易港~

若江悠

2021年6月11日

NO&Tセミナー

【オンデマンド配信中】シンガポールのM&AとASEAN子会社管理における個人情報使用等の留意事項

長谷川良和

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2021年7月

論文

法務部員が知っておくべき 米中貿易摩擦に関する法令・規制の最新状況 第2回 米国の法令・規制(2)――2021年6月の最新動向

ビジネス法務 2021年9月号(Vol.21 No.9)

井口直樹

2021年7月

その他

中国:RCEP協定と中国ビジネス(1)(2)

商事法務ポータル「アジア法務情報」

若江悠

2021年7月

ニュースレター

オムニバス法の制定(その5)~施行規則と実務の運用に関するアップデート(インドネシア)

NO&T Asia Legal Update ~アジア最新法律情報~ 第100号(2021年7月)

福井信雄イクサン・モンタン(共著)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2021年1月5日

お知らせ

ウェイジャン・テオ弁護士の入所

2020年12月15日

お知らせ

徳地屋圭治弁護士の上海オフィス着任のお知らせ

2020年10月1日

お知らせ

Yue Zhang(張玥)顧問の入所

関連するトピックス一覧