• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 業務内容 > 海外業務 > 北米・中南米

ここから本文です。

北米・中南米

北米地域は、海外で業務を行う日本企業にとって最も重要な地域の一つであり、その重要性は今後も揺らぐことがないものと思われます。2010年9月に創設された当事務所のニューヨーク・オフィス(Nagashima Ohno & Tsunematsu NY LLP)は、日本企業のために自らリーガルサービスを行うと共に、これまで培ってきたネットワークを活かして案件毎に適切なチームを現地の法律事務所と共に組成します。

また、ブラジル、メキシコなど近年成長著しい新興国を多く含む中南米地域についても、迅速且つ適切なリーガルサービスを提供できる体制を整えています。

関連するニュースレター:NO&T U.S. Law Update

この分野を主に取り扱う弁護士等

50音順に並び替える

関連する講演・セミナー

2019年3月22日

外部セミナー

日本企業がおさえておくべき米国司法省対応のポイント
~平時からのコンプライアンス、有事の司法取引の実際まで~

辺誠祐

2019年1月21日

外部セミナー

米国当局による摘発リスクの予防及び直面時の適切対応
―日本企業が把握しておくべきことを中心に―

辺誠祐

2018年12月1日

外部セミナー

タカタのグローバルリストラクチャリング
~日本、米国、欧州、アジアの全世界にまたがったリストラクチャリングの手続間調整と対応の実際~

小林信明大川友宏

関連する講演・セミナー一覧

関連する著書・論文

2019年1月

ニュースレター

企業の調査協力に関する米国司法省(DOJ)の方針変更 ― Rosenstein Remarks

NO&T Compliance Legal Update ~企業不祥事・コンプライアンスニュースレター~ 第29号/NO&T U.S. Law Update 第41号(2019年1月)

塚本宏達深水大輔佐藤恭平(共著)

2019年1月

ニュースレター

米国における医薬品等の早期承認制度

NO&T Health Care Law Update ~薬事・ヘルスケアニュースレター(法律救急箱)~ 第12号(2019年1月)

小山嘉信鳥巣正憲(共著)

2019年1月

その他

賃金協定及び引き抜き禁止協定に関する米国独禁当局の指針とその後の動き

国際商事法研究所ウェブサイト内 国際ビジネス法エグゼクティヴ・サマリー

大川剛平(共著)

関連する著書・論文一覧

関連するトピックス

2018年4月9日

お知らせ

ニューヨーク・オフィス レセプションを開催しました。

2018年2月21日

お知らせ

日本経済新聞に当事務所のニューヨーク・オフィスに関する記事が掲載されました。

2017年10月26日

お知らせ

大久保涼弁護士のニューヨーク・オフィス共同代表就任のお知らせ

関連するトピックス一覧