icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Real Estate Investment/Real Estate Securitization

不動産投資/証券化

当事務所は、不動産の証券化及び不動産投資ファンド組成の分野について、日本における草創期から関与しており、海外から移入されたコンセプトに日本法及び日本のビジネスの観点から検討を加え、さらに、日本固有の法制度を活用し、今日標準的なものとされるストラクチャーの確立に大きく寄与したものと自負しています。

ノンリコースローンや社債等のデットを通じた資金調達及び国内外の投資家の出資によるエクイティを通じた資金調達はもちろん、さらに複雑な手法を駆使したCMBSやRMBS等の証券化案件、各種の投資ビークルを活用した私募及び公募の不動産投資ファンドにも数多く関与しています。また、不動産投資スキームの関係当事者の倒産・経営危機時におけるリスク分析、初動対応、その後のスキーム全体のリストラクチャリングに関するリーガルアドバイス、さらには、各種不動産取引に関連して紛争が生じた場合における調停、仲裁、訴訟等を活用したリーガルサービスを国内外のクライアントに提供しています。

また、最近は欧米諸国やアジアの国々における海外不動産投資も注目を集めており、各国の法制を熟知した上で、統一的な案件対応が求められる場面も増えています。当事務所は、国内外にオフィスを設けており、各分野における専門的知識、経験、多様なバックグラウンドを有する弁護士が有機的なチームを組成して、迅速かつ適切に案件に対応できる体制を整えています。

不動産投資/証券化に関連する受賞歴

不動産投資/証券化に関連する講演/セミナー

不動産投資/証券化に関連する著書/論文

関連キーワード