icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Philosophy

理念・取組体制

私たちの理念

Your Most Trusted Partner

長島・大野・常松法律事務所は、以下の2つの基本理念に基づき設立されました。

  1. 当事務所は、企業活動に伴って発生する法律問題全般にわたって、複数の弁護士が協力して最高の質を有する法務サービスを提供することを目的とする。

  2. 当事務所は、目的に照らして必要な規模を維持するものとし、価値観・ライフスタイルの多様性に十分に配慮しつつ、全弁護士・職員が高度の職業倫理を保持することを前提として、かかる目的の達成を目指して運営されるものとする。

上記のとおり、当事務所に所属する弁護士全てが依頼者に対して最高の質を有する法務サービスを提供するという共通の目的のために協力し合うこと、また、その協力により最高の質の法務サービスを提供することを最も大切な理念の一つとして位置づけており、その理念は事務所の構成員全体で共有されています。

Our Team

私たちの取組体制

Our Team
  1. 強力なリーガルチーム

    弁護士、パラリーガル、セクレタリーからなる強力なチーム編成により、さまざまな業種の依頼者に対して多様な法的サービスを提供する体制が整っています。幅広い分野において依頼者を代理した実績があり、依頼者には内外の多国籍企業が多いため国際経験も豊富です。

  2. 各案件に最適の人材を配備

    依頼者ごとに弁護士チームを固定化せず、案件に応じて最適な弁護士やスタッフからなるチームを機動的に編成します。そのため、依頼者は案件ごとに法律事務所を変える必要はなく、当事務所だけで各法律分野の知識・経験を有する弁護士による助言、サービスを受けることができます。

  3. 弁護士の育成・継続教育を重視

    弁護士は、チーム制で仕事を進めるなかで、幅広い分野の案件を経験するとともに、高い専門知識を蓄積し、能力を高めています。留学、外部研修、教育機関や行政機関への出向、所内勉強会、専門グループ制など、継続的で充実した弁護士の教育体制が整っています。

  4. スタッフも充実

    パラリーガルは専門職として重視され、弁護士の指導の下で多くの機会や責任ある仕事に携わることにより、経験や能力を身に付けています。秘書は高いコミュニケーション力や緻密で正確な作業を迅速に行うスキルを備えています。管理部門スタッフは、質の高いリーガルサービスのバックボーンとして、さまざまな面から組織運営を支えています。

  5. 幅広い海外ネットワーク

    東京のほかニューヨーク及びアジア各国にも複数のオフィスを有し、欧州、北米・中南米、アジア地域をはじめ世界の主要都市の多くの一流外国法律事務所と、長年の共働経験に基づいた良好な信頼関係・円滑な協力体制を構築しています。特に、近年加速化している日本企業の海外進出を支援する業務については、当事務所の海外オフィスをはじめ各国現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係を通じて得られた数多くの業務拠点を活用し、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。