icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
International Trade and Commerce, and Economic Sanction

国際通商・経済制裁法・貿易管理

経済の更なるグローバル化や貿易自由化の進展に伴い、企業の様々な事業活動や投資・貿易に関してWTO協定、経済連携協定・投資協定等が利用される場面がますます増加しています。例えば、海外投資、サプライチェーンのストラクチャを構築する際、税務上のメリットのみならず投資協定・経済連携協定上のメリットが得られる国を経由した投資が重要になります。また、企業の事業活動等に対して海外政府・当局の措置・規制が課せられることが多くなっており、WTO協定等を活用することによりその解決が可能な場面も多く存在しています。一方、外国政府・当局が現地の産品や企業を優遇し、不当な価格等での輸出が日本向けになされている場合も、WTO協定等がその解決や是正の一助となりえます。さらには、貿易摩擦等の国際情勢を背景として、安全保障貿易管理や経済制裁に関する法規制も事業活動上の重要性を増しています。

当事務所では、日頃の投資協定・経済連携協定の助言を踏まえ、海外投資のリスクを最大限抑えられる投資ストラクチャの提案、サプライチェーンに関する助言を行っています。また、WTO協定違反等に係る通商紛争や貿易救済措置(アンチダンピング関税、補助金措置、セーフガード措置など)への対応等、国際取引に起因する国際的な紛争・対応に関連するリーガルサービスを幅広く提供しています。近年は、米中間の貿易摩擦等の国家間の緊張関係や、テロリズムや人権侵害の撲滅等の国際的な動向を背景として、各国において輸出入規制や経済制裁がより積極的に用いられることが増え、それらは民間企業の事業活動に対してもより大きな影響を及ぼすようになっています。同様に政府調達に関する規制強化が国際的なサプライチェーンに影響を与えることも増えています。当事務所では、各国の輸出入規制、経済制裁その他の国際取引全般に対して影響を及ぼす法規制の解釈・運用ついて、海外におけるネットワークを活用しつつアドバイスを提供しています。

国際通商・経済制裁法・貿易管理に関連する受賞歴

国際通商・経済制裁法・貿易管理に関連する講演/セミナー

国際通商・経済制裁法・貿易管理に関連する著書/論文

関連キーワード