icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
History

沿革

Our Story

長島・大野・常松法律事務所は、2000年1月1日、長島・大野法律事務所と常松簗瀬関根法律事務所の統合により誕生しました。当事務所は、これまでの20年間、「複数の弁護士の協力により、最高の質の法務サービスを提供する」という理念のもと組織を発展させてきました。今後も依頼者のニーズを汲み、あるいは、それを先取りし、最も重要な案件を依頼される事務所、最も信頼される事務所であり続けることを目指します。

沿革

長島・大野
法律事務所

1961
4名の弁護士によるパートナーシップとして、所沢・長島法律事務所が発足。
1968
長島・大野法律事務所に名称変更。フルサービス・ファームをめざし組織の充実に努め、大型案件にも充分対応できる数少ない国内法律事務所として着実に規模を拡大。

常松簗瀬関根
法律事務所

1987
弁護士法の特例により法律実務を行うことが認められていたトーマス・L・ブレークモアが開設したブレークモア法律事務所の数名の弁護士が、ブレークモア法律事務所日比谷分室として独立。
1988
常松簗瀬関根法律事務所と名を改め、国際的証券・金融関係にともなう法律分野を中心に業務を拡大。

長島・大野・常松 法律事務所 設立

2000
長島・大野法律事務所および常松簗瀬関根法律事務所に所属していた全弁護士が参加して、長島・大野・常松法律事務所を設立。日本で初めて所属弁護士数が100名を超えた法律事務所として、短期間にフルサービス・ファームとしての組織体制の整備を完了。
2010
ニューヨーク・オフィスを開設。
2013
シンガポール・オフィスを開設。
2014
バンコク・オフィスを開設。
ホーチミン・オフィスを開設。
上海オフィスを開設。
2015
ハノイ・オフィスを開設。
東京オフィスを丸の内(JPタワー)に移転。
Memoirs of Founder Nagashima

長島安治弁護士の手記

当事務所のファウンダーの一人である長島安治弁護士
による手記をご紹介します。

VIEW MORE