icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Securitization/Structured Finance/Trust

証券化/ストラクチャードファイナンス/信託

当事務所は日本の証券化市場におけるパイオニア的存在として証券化の仕事を手がけ、数々のエポックメーキングな案件に携わり、証券化の発展のために主要な役割を果たしてきました。

当事務所が関与する証券化の対象資産は、貸付債権、売掛債権、手形債権、電子記録債権、リース債権、クレジット債権、オートローン債権、オートリース債権、住宅ローン債権、診療報酬債権、不良債権等、不動産、動産、有価証券、知的財産権等、多岐に及んでいます。

また、ストラクチャーに関しても、伝統的な証券化・流動化の手法を用いたものに加え、カバードボンド、自己信託を利用した証券化、クレジットリンク債、プロジェクトボンド、セキュリティー・トラスト、通信事業をはじめとする事業証券化、CMBS(Commercial Mortgage Backed Securities)、CDO(Collateralized Debt Obligation) 、金融機関の自己資本規制に関連するBISファイナンス(流動化の手法を用いた金融機関のリスクアセット削減スキームを含みます。)、その他デリバティブ、種類株や新株予約権等を組み合わせた案件等も広範に網羅しており、国内にとどまらず、クロスボーダー取引においても数多くの実績を誇っています。

アレンジャー、オリジネーター、受託者(信託銀行)、SPC、流動性補完者(金融機関)、格付機関、投資家等、多方面の依頼者のために、ストラクチャー構築、リスク分析、SPCや信託の設立、各種契約書等の作成、契約交渉、関連法令調査、意見書作成等、証券化について一貫した高度な専門的アドバイスを行っています。

証券化/ストラクチャードファイナンス/信託に関連する受賞歴

証券化/ストラクチャードファイナンス/信託に関連する講演/セミナー

証券化/ストラクチャードファイナンス/信託に関連する著書/論文

関連キーワード