icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Publications 著書/論文
書籍

『実務解説 改正会社法』

著者等
日本弁護士連合会(編)、当事務所所属の著者等、梅野晴一郎(共同監修・共著)、三原秀哲清水毅新木伸一黒田裕(共著)
出版社
弘文堂
備考

三原秀哲弁護士は、「社債管理補助者の総論」(共同執筆)、676条、681条、706条、714条の2、714条の5、735条の2及び740条を執筆しました。

梅野晴一郎弁護士は、本書の監修に関与し、301条、327条の2、423条、868条、870条、874条、938条、976条、「株主提案権の持株要件および行使期限の見直し」及び「取締役の個人別の報酬等の内容に関する決定の再一任について」を執筆しました。

清水毅弁護士は、774条の2~774条の11を執筆しました。

新木伸一弁護士は、236条及び「情報開示の充実」(72~74頁)を執筆しました。

黒田裕弁護士は、234条、322条、324条、445条、509条、816条の2~816条の10、828条、834条、836条、839条、844条の2、937条及び第5章第4節「株式交付の手続の総論」を執筆しました。

関連情報
業務分野
キーワード

弁護士等

コーポレートに関連する著書/論文

一般企業法務に関連する著書/論文

× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる