icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Topics トピックス
入所

曽木徹也弁護士の顧問就任

本年4月1日付けで、曽木徹也弁護士(前 大阪高等検察庁検事長)が当事務所の顧問に就任いたしました。

曽木弁護士は、1986年任官後30年以上にわたり検察官として実務に携わり、大阪地方検察庁特別捜査部長、最高検察庁公安部長、東京地方検察庁検事正、高松高等検察庁検事長、大阪高等検察庁検事長などを歴任されました。これまで培った企業犯罪、脱税事犯、証券取引関連事犯などの捜査経験や知識を生かしつつ、今後は弁護士として、コーポレート・ガバナンス、危機管理・不祥事対応、コンプライアンスの分野を中心に活動していく予定です。

曽木弁護士の顧問就任により、定評ある当事務所の危機管理、コーポレート・ガバナンス関連業務におけるプラクティスに更なる深化がもたらされるものと確信しております。

弁護士等

決定 業務分野を選択
決定