icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Employment Law Advice

労働法アドバイス

主として使用者側・企業側を代理する労働法を主たるプラクティスとする弁護士を多数擁しており、国内外の様々な業種の依頼者に対して、幅広い労働問題について助言を行っています。

具体的には、就業規則・雇用契約・労働時間管理・人事異動・懲戒・解雇(整理解雇)・労災・退職後の競業避止義務、人事制度変更に伴う労働条件変更に関する助言といった日常的・典型的な問題に始まり、セクシャルハラスメント・パワーハラスメント、メンタルヘルス、高年齢者雇用・非正規雇用、テレワーク下の労務管理といった時代の変遷に伴って生じている様々な新しい問題や頻繁な法改正を踏まえた対応に至るまで、多くの分野において当事務所の弁護士は豊富な知識・経験を有しており、高い評価を受けています。さらに、多数の企業買収や企業再編に関与していることから、企業買収案件において人事デューディリジェンスを行い、その結果を踏まえた労働法関連の助言を行うことも頻繁にあります。また、近年、労務コンプライアンスの重要性が益々高まっていることを背景として、企業内の労働法の遵守状況・労務コンプライアンス体制の調査・評価検証等に関する助言を行うこともあります。

当事務所の労働法を主たるプラクティスとする弁護士は、労働法の他に大規模訴訟や企業法務等についても日常的に取り扱っているため、労働法の知識のみならず、企業活動全般にわたる深い理解を有しています。そのため、ビジネス現場の実態を踏まえた実践的なアドバイスを提供することが可能となっています。この点も、当事務所による労働法に関する助言が高い評価を受けていることの大きな要因といえます。

労働法アドバイスに関連する受賞歴

労働法アドバイスに関連する講演/セミナー

労働法アドバイスに関連する著書/論文

関連キーワード