icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Publications 著書/論文
書籍

『租税法の発展』

著者等
宮崎裕子、平川雄士宰田高志(執筆担当)
出版社
有斐閣
備考


平川雄士弁護士は第2部第2章「借用概念論に関係する国際的企業租税実務上の諸問題」を執筆しました。
宰田高志弁護士は第2部第2章「課税処分の取消訴訟と訴訟要件」を執筆しました。
宮崎裕子弁護士は第2部第4章「クロス・ボーダー投資と源泉徴収制度のあり方に関する一考察」を執筆しました。

関連情報
業務分野

内容

第1部 租税法・租税法学の歩み
 第1章 基礎的概念の生成と発展
 第2章 租税法を取り巻く環境の変化と理論的枠組みの変遷
 第3章 租税法の発展と重要判例・立法

第2部 租税法の現在・未来
 第1章 新たな理論枠組みの試み
 第2章 既存概念・枠組みの再検討
 第3章 近時の重要問題についての検討(1 総論/国内法)
 第4章 近時の重要問題についての検討(2 国際課税)

弁護士等

税務に関連する著書/論文

税務アドバイス・プランニングに関連する著書/論文

決定 業務分野を選択
決定