icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Seminars 講演/セミナー
会員登録 ログイン
NO&Tセミナーへの視聴には「Legal Lounge」の会員登録/ログインが必要となります。
視聴推奨環境については、こちらをご覧ください。
NO&Tセミナー

改正公益通報者保護法施行直前の論点整理~従事者に関する規律を中心に~

ADVANCE企業法セミナー

日時
オンデマンド配信:2022年5月27日(金)~2022年8月26日(金)16:00
スピーカー
深水大輔福原あゆみ脇谷太智内藤卓未郡司幸祐松本晃丸田颯人渡辺聡太郎
会場
オンライン(オンデマンド配信)
セミナー概要

公益通報者保護法の令和2年改正の施行が本年6月1日に迫っています。改正法に基づく内部公益通報対応体制に関しては、いわゆる11条指針やその解説が公表されているところですが、従事者に関する規律を中心に、実務上悩ましい論点は少なくありません。そこで、本セミナーにおいては、改正公益通報者保護法対応に携わることの多い弁護士がラウンドテーブルセッション形式で日頃問い合わせを受けることの多い論点や実務上悩ましいポイント等について議論します。
(所要時間:約65分)
なお、本セミナー動画は2022年5月20日に収録したものです。

プログラム

1.公益通報者保護法改正の経過と概要
2.セッション①「従事者に関する規律」
3.セッション②「職制上のレポートラインへの通報・体制整備義務全般」

主催
長島・大野・常松法律事務所
視聴方法

「会員登録/ログイン」ボタンから視聴にお進みください。

業務分野
キーワード

スピーカー

最新の講演/セミナー

× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる