• ホーム
  • 事務所紹介
  • 国内・海外拠点
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • 講演・セミナー
  • 著書・論文
  • 採用情報

ホーム > 事務所紹介 > ご挨拶

ここから本文です。

ご挨拶

greeting_160906_1.jpg


長島・大野・常松法律事務所は、2000年1月1日、長島・大野法律事務所と常松簗瀬関根法律事務所に所属していた全弁護士が参加し、企業活動に伴って発生する法律問題全般にわたって、複数の弁護士が協力して最高の質を有する法的サービスを提供することを目的として設立されました。

近年、内外の企業が求める法的サービスの内容は複雑化しています。また、複数の専門分野にまたがる最先端の知識や豊富な経験を必要とする大型案件やグローバルな対応を要する案件が増加する傾向にあります。日本国内でも、行政主導の事前調整型の企業運営が批判され、司法による事後審査を前提として、法の枠内で自ら考え決断する企業運営が求められるようになりました。こうしたなかで依頼者の皆様の様々な要望に応えるには、個々の案件に関係する専門分野の知識・経験を有する複数の弁護士からなるチームを機動的に編成し、迅速かつ効率的な案件処理を進めていかねばなりません。

質の高いサービスを提供するためには各専門分野に対応できる弁護士の育成が必要ですし、総合的なサービスを提供するには一定規模の確保が不可欠です。当事務所は、日本で初めて所属弁護士が100名を超えた法律事務所ですが、その後もこのような企業社会のニーズに応えるため優秀な人材の確保に努めてきております。

また、当事務所では、所属弁護士及びスタッフの教育を充実させるとともに、最先端のIT技術を駆使した情報インフラを整備して法律情報や所属弁護士の知識、経験等の共有化を図り、高い職業倫理を維持しつつ、事務所が一体として高度なサービスを提供することを目指しています。当事務所では、訴訟・仲裁といった紛争解決から金融やM&Aまで、企業法務に関連する主要な分野に知識と経験を有する弁護士を配し、効率的で質の高い法的サービスを提供できる体制を整えています。

長島・大野・常松法律事務所は、立法活動や国選弁護活動等公的活動への積極的参加により弁護士としての社会的責務を果たしつつ、依頼者の皆様に対してはビジネスニーズに応える真のソリューションを提供するため、今後も優秀な人材の確保・育成と法的サービスの質の向上に努めてまいります。

長島・大野・常松法律事務所
事務所代表  藤縄 憲一 
マネージング・パートナー
マネージング・パートナー
 杉本 文秀
 井上 広樹