icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Publications 著書/論文
会員登録 ログイン
全文ダウンロードは「Legal Lounge」の会員登録/ログインが必要となります。
ニュースレター

日本における洋上風力発電プロジェクトに関する最新動向と法的問題点

NO&T Client Alert

NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update インフラ・エネルギー・環境ニュースレター

著者等
本田圭藤本祐太郎田中宏和(共著)
出版社
長島・大野・常松法律事務所
書籍名・掲載誌
NO&T Client Alert(2020年5月12日号)
(NO&T Infrastructure, Energy & Environment Legal Update ~インフラ・エネルギー・環境ニュースレター~ 第5号)
業務分野
※本ニュースレターは情報提供目的で作成されており、法的助言ではありませんのでご留意ください。また、本ニュースレターは発行日(作成日)時点の情報に基づいており、その時点後の情報は反映されておりません。特に、速報の場合には、その性格上、現状の解釈・慣行と異なる場合がありますので、ご留意ください。

昨今の世界的な新型コロナウイルスの感染拡大は、日本における洋上風力発電所の開発・建設にも影を落としており、風車ブレード等の部品の主要な製造地であるヨーロッパにおける工場の閉鎖等の影響により、日本における洋上風力発電所の建設工事に大幅な遅れが生じるとの報道もされています(日本経済新聞2020年4月25日朝刊企業2面)。現状、サプライチェーンや、着床型洋上風力発電設備設置のために用いられるSEP船((Self-Elevated Platform Vessel(自己昇降式作業船))の海外への依存度合いが高いため、今後は、日本においてできる限り内製化できるように発展させていくのが望ましいと言えます。もっとも、いずれにしても、太陽光発電(メガソーラー)の新規導入が数年前から曲がり角を迎え、平地の多い欧米諸国程の陸上風力の導入が必ずしも見込めない日本の状況からすれば、政府が推し進めている再生可能エネルギーの主力電源化のためには、洋上風力発電の重要性は今後も変わることはないと言えます。また、2020年4月28日に発表された、第11回Petersberg Climate Dialogue(約30ヶ国による閣僚級会合)における共通認識において示されたように、新型コロナウイルスによる現在の温室効果ガスの排出減少は一時的な現象に過ぎず、経済回復のための計画はパリ協定やSDGs(持続可能な開発目標)と軌を一にするものでなければならないとされたことは、洋上風力発電を含めた再生可能エネルギーの今後の発展のための追い風となると思われます。そのため、引き続き、日本における洋上風力の展開、法的問題点に関する議論の進展については注意を要します。

続きを読む

この内容は「Legal Lounge」会員限定コンテンツです。会員の方はログイン後にご参照ください。会員でない方は、会員登録完了後にご覧いただけます。

会員登録 ログイン

弁護士等

インフラ/エネルギー/環境に関連する著書/論文

発電プロジェクト/再生可能エネルギーに関連する著書/論文

ファイナンスに関連する著書/論文

プロジェクトファイナンスに関連する著書/論文

× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる