icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Seminars 講演/セミナー
NO&Tセミナー

効率的な仲裁手続を実現するための実務的tips ~時間及び費用の節約ツールと留意点~

ADVANCE企業法セミナー

日時
2024年7月4日(木) 14:30~17:00
スピーカー
小原淳見ジャスティン・イー杉本花織、中澤敢氏(シャープ株式会社 法務部・契約コンプライアンスC・部長)
会場
長島・大野・常松法律事務所 東京オフィス
セミナー概要

海外企業との取引においては、紛争解決手続として仲裁が選択される場合がほとんどですが、「仲裁は時間と費用がかかるため、仲裁に進むべきではない」という理由で、仲裁を避けるために納得のいかない和解に応じる、または泣き寝入りしてしまうケースも見られます。しかし、仲裁手続きは訴訟と異なりユーザーがデザインすることのできる手続きです。仲裁合意の時点で迅速かつ効果的な仲裁手続の枠組みを戦略的に構築すること、及び紛争が生じた後の段階で効率性の観点から手続きを作り込むこと等を戦略的に行うことで、時間及び費用の点で効率的な仲裁を実現することは可能です。また最近は、効率的な仲裁手続の実現に向けて、多くの仲裁機関がそのための新しい手続を導入しています。

本セミナーでは、シャープ株式会社 法務部・契約コンプライアンスC・部長の中澤氏をパネリストにお迎えして、企業法務から見た国際仲裁への問題意識も踏まえ、時間及び費用の点で効率的な仲裁を実現するための実務的なノウハウを議論します。
(※6/18 ゲストの登壇について追記いたしました。)

プログラム

講演「はじめに – 仲裁手続をより効率的に進めるには」
講演「仲裁手続の効率性を左右する要素 – 仲裁合意・仲裁手続きの作り込み」
講演「和解協議のモメンタムの作り方」
パネルディスカッション
質疑応答・名刺交換・懇談

主催
長島・大野・常松法律事務所
申込締切

2024年6月27日(木)15:00までにお申し込みください。

言語

日本語・英語(日本語での補足説明あり)

受講料

無料

注意事項

※本セミナーはオンデマンド配信を予定しておりません。
※参加可能人数に限りがございます。定員になり次第締め切らせていただきます。
※個人のお客様やご登録いただいた情報から所属先の確認ができない方、法律事務所やコンサルティング会社に所属の同業者の方等はご参加いただけません。当事務所が適切ではないと判断するお申込みについては、個別にご連絡することなくご参加をお断りする場合がございますので予めご了承ください。
※本セミナーの内容に関する記事を無断で掲載することはご遠慮いただいております。ご希望の場合はセミナー事務局または直接弁護士までご連絡ください。
※複数名で参加される場合、お申し込みはお一人ずつお願いいたします。
※やむを得ない事情により、オンラインに開催方法を変更または延期させていただく場合がございます。

業務分野
キーワード

スピーカー

最新の講演/セミナー

決定 業務分野を選択
決定