icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Seminars 講演/セミナー
会員登録 ログイン
NO&Tセミナーへの視聴には「Legal Lounge」の会員登録/ログインが必要となります。
視聴推奨環境については、こちらをご覧ください。
NO&Tセミナー

事例から学ぶ上場会社の事業再生ADR~上場維持と開示の観点を中心に~

ADVANCE企業法セミナー

日時
オンデマンド配信:2021年11月19日 (金) ~
スピーカー
鐘ヶ江洋祐水越恭平髙野紘輝
会場
オンライン(オンデマンド配信)
セミナー概要

コロナ禍の影響は想定外に長期化しており、政府や金融機関からの資金繰り支援の結果、日本企業の債務残高は全体で約50兆円増加したといわれ、多くの企業において過剰債務の問題の解決は喫緊の課題となっています。
このような厳しい経営環境下で事業構造改革や事業の再編計画を策定しようとする上場会社が、上場を維持しながら資本増強や債務リストラクチャリングを伴う施策を実現するため、事業再生ADR手続の利用を検討せざるを得ない場面が増加しています。
本セミナーでは、近年の上場会社の事業再生ADR手続に関する分析を踏まえて、上場会社が事業再生ADRを利用するに当たって問題となり得るポイントについて、コーポレートとリストラクチャリングという2つの視点から上場基準と開示の問題を中心に解説します。
(所要時間:約60分)
なお、本ウェビナーは2021年11月11日(木)に収録したものです。

主催
長島・大野・常松法律事務所
視聴方法

「会員登録/ログイン」ボタンから視聴にお進みください。

関連情報

事業再生・倒産法ニュースレター 2021年11月 No.9 「【Q&A】上場会社が事業再⽣ADR⼿続を利⽤する際の5つの主要ポイント」はこちら

業務分野
キーワード

スピーカー

最新の講演/セミナー

× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる