icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Seminars 講演/セミナー
会員登録 ログイン
NO&Tセミナーへの視聴には「Legal Lounge」の会員登録/ログインが必要となります。
視聴推奨環境については、こちらをご覧ください。
NO&Tセミナー

ローン契約の財務コベナンツの開示拡充に関する内閣府令の改正と実務への影響

ADVANCE企業法セミナー

日時
ライブ配信:2024年2月2日(金) 14:00~15:00
オンデマンド配信:2024年2月14日(水)~2025年2月14日(金)16:00
スピーカー
月岡崇鐘ヶ江洋祐水越恭平
会場
オンライン(ライブ配信・オンデマンド配信)
セミナー概要

2023(令和5)年12月22日、有価証券報告書等および臨時報告書において開示すべき「重要な契約」の類型やその開示内容を具体的に明らかにする「企業内容等の開示に関する内閣府令」等の改正が公布されました。
本改正により、財務コベナンツの付された一定のローン契約について、契約の締結や財務コベナンツの変更・抵触の際に臨時報告書において一定の開示が求められ、またその期末残高や重要性に応じて有価証券報告書等における一定の開示が求められます。
このように、財務コベナンツに関する情報開示の範囲が相当程度拡大することにより、債務者である企業と債権者である金融機関の双方の立場から、今後の金融取引や与信管理に大きな影響を及ぼすことが想定されるため、本セミナーでは本改正の概要とローンおよび事業再生実務への影響を解説します。(所要時間:約70分)
なお、本ウェビナーは2024年2月2日に収録したものです。

プログラム

1.ローン契約の財務コベナンツの開示拡充の概要
2.意見募集の結果、変更された点
3.ローン取引実務への影響
4.事業再生の局面における実務的な影響
5.Q&A

主催
長島・大野・常松法律事務所
視聴方法

「会員登録/ログイン」ボタンから視聴にお進みください

関連情報

ニュースレター
「ローン契約の財務コベナンツの開示拡充と実務への影響 ―2025年4月より有価証券報告書・臨時報告書等での財務コベナンツの開示が拡充へ―」(2023年7月)
「財務コベナンツの開示拡充に関する内閣府令の改正とローン契約実務への影響 ―2025年4月から財務コベナンツの開示が拡充、既存のシローン等への影響もあり―」(2024年1月)

業務分野
キーワード

スピーカー

最新の講演/セミナー

決定 業務分野を選択
決定