icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Publications 著書/論文
ニュースレター

米国による対ロシア追加制裁の公表

NO&T U.S. Law Update 米国最新法律情報

NO&T International Trade Legal Update 国際通商・経済安全保障ニュースレター

NO&T Europe Legal Update 欧州最新法律情報

※本ニュースレターは情報提供目的で作成されており、法的助言ではありませんのでご留意ください。また、本ニュースレターは発行日(作成日)時点の情報に基づいており、その時点後の情報は反映されておりません。特に、速報の場合には、その性格上、現状の解釈・慣行と異なる場合がありますので、ご留意ください。

はじめに

 2024年2月23日、ロシアによる対ウクライナ侵攻が本格化してから2年が経過し、また、プーチン政権に対する反体制派指導者であったアレクセイ・ナワリヌイ氏が死亡したことを受け、米国バイデン政権は対ロシアに対する追加制裁(以下「本追加制裁」といいます。)を発動する旨を公表しました※1。本追加制裁は、省庁横断的に行われ、かつ、過去最大規模のものとなっています。すなわち、財務省(U.S. Department of the Treasury)及び国務省(U.S. Department of State)により合わせて500以上の事業体及び個人が金融制裁の対象となるSDN(Specially Designated Nationals and Blocked Persons)※2として指定され、ナワリヌイ氏の死亡に関係したと考えられる個人だけでなく、ロシアの金融部門、防衛産業基盤、第三国において対ロシア制裁回避の受け皿となっている事業体及び個人等が新たに制裁の対象となっています。また、商務省(U.S. Department of Commerce)により新たに90以上の事業体が輸出管理規則(Export Administration Regulations、以下「EAR」といいます。)に基づくエンティティ・リスト※3に追加され、ロシアの防衛産業基盤や対ウクライナ侵攻の継続を支援していると考えられる事業体が新たに制裁の対象となっています。

 本ニュースレターでは、本追加制裁の概要についてご説明いたします。

SDNの指定

 財務省及び国務省は、過去2年間、対ロシア制裁として、本追加制裁を含め計4,000以上の個人及び事業体をSDNに指定してきましたが、本追加制裁は、ロシアによる対ウクライナ侵攻が本格化して以降、最大規模のものとなっています。

1. 財務省外国資産管理局(Office of Foreign Assets Control、以下「OFAC」といいます。)によるSDNの指定

 本追加制裁の一環として、OFACは約300の事業体及び個人をSDNに指定することを公表しました※4。今回OFACによりSDNに指定された事業体及び個人は主に以下のとおりです。

  1. 金融インフラに関連する事業体:ロシアの決済カードシステム「Mir」の運営事業体(National Payment Card System Joint Stock Company)、銀行、投資会社、フィンテック企業等※5
  2. 対ロシア制裁回避の受け皿となっている第三国の事業体及び個人:中国、セルビア、アラブ首長国連邦、リヒテンシュタイン等の26ヶ国の事業体及び11ヶ国の個人※6
  3. 殺傷能力を有する無人航空機(UAV)の生産等に関与する事業体、個人及び関連省庁(国防軍需省(イラン))等※7
  4. ロシアの防衛産業基盤や経済を支える事業体及び個人:武器製造を行う事業体、3Dプリンター等の付加製造技術を有する事業体等※8

2. 国務省によるSDNの指定

 本追加制裁の一環として、国務省は約250の事業体及び個人をSDNに指定することを公表しました※9。今回国務省によりSDNに指定された事業体及び個人は主に以下のとおりです。

  1. アレクセイ・ナワリヌイ氏の死亡に関与した個人
  2. ロシアのエネルギー生産及び輸出に関与する事業体:ロシア北極圏における「アークティックLNG2プロジェクト」に関与する事業体、その他のロシアにおける資源開発プロジェクトに関与する事業体等
  3. ロシアの国営原子力企業であるロスアトムの子会社
  4. 対ロシア制裁回避の受け皿となっている第三国の事業体及び個人:中国、トルコ、アラブ首長国連邦等においてロシアの防衛産業基盤にとって重要な品目(マイクロエレクトロニクス、航空部品、電子部品等)の生産や輸出入に関与する事業体等
  5. ロシアの金属・鉱業部門(鉄パイプ、アルミニウム等)に関与する事業体及び個人
  6. 武器、弾薬、その他の装備品等の製造により対ウクライナ侵攻の継続を支援している事業体及び個人
  7. ロシアの防衛産業基盤や経済を支える事業体:3Dプリンター等の付加製造技術を有する事業体、コンピュータ数値制御技術を有する事業体等※10

 また、国務省は、上記SDNの指定に加え、ロシアによる、ウクライナの子供の移転、国外追放、監禁にかかる人権侵害に関与した個人5名に対して、ビザの発給を制限する措置の準備も進めている旨を公表しています。

エンティティ・リストの新規掲載

 商務省産業安全保障局(Bureau of Industry and Security、以下「BIS」といいます。)は、ロシアの防衛産業基盤や対ウクライナ侵攻の継続を支援しているとして、93の事業体を新たにエンティティ・リストに追加することを公表しました※11。BISは、対ウクライナ侵攻の本格化以降、ロシアへの軍事的支援等を理由として815の事業体をエンティティ・リストに追加していましたが、今回の公表を含めて計900以上の事業体がエンティティ・リストに追加されたこととなります。今回追加された事業体の国別の内訳を見ると、ロシアが63、トルコが16、中国が8、アラブ首長国連邦が4、キルギスが2、インド・韓国が1つずつとなっています※12。このうち50以上の事業体が、ロシア又はベラルーシの軍事エンドユーザーである「脚注3(footnote 3)」として指定されています。EAR上、「脚注3(footnote 3)」としての指定を受けた場合、最も厳しい規制を受けることとなります。すなわち、「脚注3(footnote 3)」に指定された事業体に対してEAR対象製品を輸出等する場合は事前許可を取得する必要がありますが、EAR99に該当する一部の製品を除き、policy of denial(原則不許可)という厳しい判断基準で審査されることとなります。

今後に向けて

 上記のとおり、本追加制裁は省庁横断的に行われ、かつ、過去最大規模のものとなっていますが、過去に公表された制裁を含め、対ロシア向けの制裁の全体像を正確に把握することは必ずしも容易ではありません。この点に関連して、米国政府はロシア関連のビジネスを行う上で各種経済制裁やEAR違反等のリスクを検討するにあたってのアドバイスを2024年2月23日付で公表※13しており、ロシア関連のサプライチェーンに組み込まれる日本企業にとっても非常に参考になるものと思われます。

 ロシアによる対ウクライナ侵攻が長期化するに伴い、ロシアに関わる取引についての規制の厳格化が続いているため、影響のある法令等のアップデートに関して、引き続きその最新の動向を注視する必要があります。

脚注一覧

※2
SDNとして指定された場合、在米資産が凍結され、また、原則として(直接又は間接的に指定された事業体の50%以上の持分を保有する者も含め)米国人との取引が禁止されることとなります。

※3
エンティティ・リストとは、EARのもとで整備されている、米国の国家安全保障や外交政策に反する活動に関与していると考えられる個人、法人及び団体等のリストのことをいいます。エンティティ・リスト及びエンティティ・リスト掲載者への輸出規制の詳細は、当事務所発行の米国最新法律情報No.53「米国輸出管理規制アップデート~エンティティ・リストの更新とFAQsの公表~」(2021年1月)をご確認ください。

※5
指定された事業体の詳細は脚注4のリンク中「ANNEX 4」を参照ください。

※6
指定された事業体の詳細は脚注4のリンク中「ANNEX 3」を参照ください。

※7
指定された事業体の詳細は脚注4のリンク中「ANNEX 1」を参照ください。

※8
指定された事業体の詳細は脚注4のリンク中「ANNEX 2」を参照ください。

※10
本文で列挙した以外にも複数のカテゴリの事業体がSDNに指定されています。詳細は脚注9をご確認ください。

本ニュースレターは、各位のご参考のために一般的な情報を簡潔に提供することを目的としたものであり、当事務所の法的アドバイスを構成するものではありません。また見解に亘る部分は執筆者の個人的見解であり当事務所の見解ではありません。一般的情報としての性質上、法令の条文や出典の引用を意図的に省略している場合があります。個別具体的事案に係る問題については、必ず弁護士にご相談ください。


全文ダウンロード(PDF)

Legal Lounge
会員登録のご案内

ホットなトピックスやウェビナーのアーカイブはこちらよりご覧いただけます。
最新情報をリリースしましたらすぐにメールでお届けします。

会員登録はこちら

弁護士等

国際通商・経済制裁法・貿易管理に関連する著書/論文

海外業務に関連する著書/論文

南北アメリカに関連する著書/論文

米国に関連する著書/論文

ヨーロッパに関連する著書/論文

決定 業務分野を選択
決定