icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
People 弁護士等紹介

糸川貴視

Takashi Itokawa

パートナー

東京オフィス

糸川貴視

Takashi Itokawa

パートナー

東京オフィス

People 弁護士等紹介
糸川貴視

長島・大野・常松法律事務所パートナー。J-REITを含む様々な発行体による有価証券の発行案件、買収ファイナンス、証券化、ストラクチャードファイナンス等のファイナンス取引及びこれらに関連するファイナンス規制を中心に取り扱う。また、不動産取引、M&Aを含む企業法務全般にわたり幅広く助言を行っている。上場会社による普通株第三者割当案件、優先株や新株予約権付ローンの発行案件やDES取引(デットエクイティスワップ)案件など財務体質改善目的のスポンサー向け資金調達取引の経験も多数有する。
特に不動産分野においては、日系大手不動産デベロッパーへの出向経験を活かしたアドバイスを多数行っており、不動産関連企業におけるM&A取引や外債等有価証券の国内外発行、上場リート(J-REIT)・私募リート・私募ファンドの立ち上げから運用・増資による資金調達までのあらゆるフェーズでの様々な法的分析、CRE戦略(企業不動産戦略)や再開発事業に関連する助言、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する助言、物流施設・データセンターを含むアセットクラス毎の法的リスク分析、不動産ファイナンスの契約交渉等の法的アドバイスを多数行っている。
また、プライベートエクイティ・非上場株投資分野においては、組合型ファンド等各種ファンドの組成から運用面での助言、プライベートエクイティファンドによるM&A及びそれに伴う買収ファイナンス取引(シニアファイナンス・メザニンファイナンス)、買収後の継続的なアドバイス及びEXIT戦略(出口戦略)の法的分析・契約交渉等幅広く助言を行っている。

2006
京都大学法学部卒業
2008
京都大学法科大学院修了
2008
京都大学大学院医学研究科「医学領域」産学連携推進機構勤務
2009
長島・大野・常松法律事務所入所
2015
Duke University School of Law卒業(LL.M.)
2015 - 2017
三井不動産株式会社勤務
2021 -
長島・大野・常松法律事務所パートナー
2016、2018、2021
長岡技術科学大学非常勤講師(担当科目:ベンチャー企業実習、ベンチャー企業実践1(リレー講義))

すべての業務分野

すべての職位

職位
× 閉じる

すべての拠点

拠点
× 閉じる

すべての資格/登録

資格/登録
× 閉じる

すべての言語

言語
× 閉じる
× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる