icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
Seminars 講演/セミナー
会員登録 ログイン
NO&Tセミナーへの視聴には「Legal Lounge」の会員登録/ログインが必要となります。
視聴推奨環境については、こちらをご覧ください。
NO&Tセミナー

『ESG法務』出版記念セミナー 第2回「ポイント解説ESG法務~Environment(環境)編~」

Legal Seminar

日時
2023年10月31日(火)~
スピーカー
三上二郎本田圭服部紘実藤本祐太郎宮下優一渡邉啓久宮城栄司
会場
オンライン(オンデマンド配信)
セミナー概要

長島・大野・常松法律事務所のESGプラクティスチームは、『ESG法務』を9月1日に上梓しました。企業活動において考慮すべきE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)の各要素について、法務の観点から詳しく解説した一冊となっており、ESGと企業法務が交錯する分野を網羅した本邦初の書籍であると思っております。
同書籍出版を記念し、年内4回シリーズでESG法務に関連するセミナーを行います。

第2回では、Environment(環境)分野の中から、執筆者が特に注目するトピックを厳選し、リレー形式で各トピックの最新動向を解説いたします。(所要時間:約45分)
なお、本セミナー動画は2023年10月20日~23日に収録したものです。

プログラム

1-1.今求められる生物多様性問題への対応
1-2.自然資本・生物多様性の情報開示
2.2050年に向けた農林水産業の可能性
3.非化石証書とコーポレートPPA
4.押さえておきたいカーボンクレジット取引の法務
5.サステナブルファイナンスに関する近時の動向
6.水素・アンモニア普及のための支援策

主催
長島・大野・常松法律事務所
視聴方法

「会員登録/ログイン」ボタンから視聴にお進みください。

関連情報

書籍
『ESG法務』

特集ページ
「ESG・SDGsと企業法務」
農林水産法務シリーズ第5回「農林水産業とカーボンニュートラル」

オンデマンド配信
「いま押さえておきたい生物多様性・自然資本と企業を巡る動向」
第1回「企業活動と生物多様性・自然関連リスク」
第2回「自然資本の企業情報開示と生物多様性問題のゆくえ」

ニュースレター
「生物多様性の保全と企業活動 ~COP15/昆明・モントリオール生物多様性枠組、TNFD~」(2023年2月)
「国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)によるIFRSサステナビリティ開示基準の最終化(速報)」(2023年7月)
「ICMA等によるブルーボンドに関する実務ガイドの公表」(2023年10月)
「カーボン・クレジット取引の最新動向」(2023年8月)
「水素・アンモニア社会の早期実現に向けた政府支援策の骨格」(2023年7月)
「水素社会の早期実現に向けた「水素基本戦略」の改定」(2023年6月)

『ESG法務』出版記念セミナー
第1回「ESG法務の最前線」
第3回「ポイント解説ESG法務~Social(社会)編」
第4回「ポイント解説ESG法務~Governance(ガバナンス)編~」

業務分野
キーワード

スピーカー

最新の講演/セミナー

決定 業務分野を選択
決定