icon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelogo-not
People 弁護士等紹介

多岐にわたる分野の専門的知識と実績を持つ弁護士が機動的にチームを組み、質の高いアドバイスや実務的サポートを行っています。

Publications 著書/論文

当事務所の弁護士等が執筆したニュースレター、論文・記事、書籍等のご紹介です。多様化・複雑化する法律や法改正の最新動向に関して、実務的な知識・経験や専門性を活かした情報発信を行っています。

Seminars 講演/セミナー

当事務所では、オンライン配信を含め、様々な形態でのセミナーの開催や講演活動を積極的に行っています。多岐にわたる分野・テーマの最新の企業法務の実務について解説しています。

Who We Are 事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所は、国内外での豊富な経験・実績を有する日本有数の総合法律事務所です。 企業が直面する様々な法律問題に対処するため、複数の弁護士が協力して質の高いサービスを提供することを基本理念としています。

SCROLL
TOP
People 弁護士等紹介

渡邉啓久

Yoshihisa Watanabe

パートナー

東京オフィス

渡邉啓久

Yoshihisa Watanabe

パートナー

東京オフィス

Tel

03-6889-7677

Fax

03-6889-8677

People 弁護士等紹介
渡邉啓久

長島・大野・常松法律事務所パートナー。2007年に慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、2009年に慶應義塾大学法科大学院を修了し、2010年に弁護士登録、長島・大野・常松法律事務所に入所。2016年にUniversity of San Diego School of LawにてLL.M.(Magna Cum Laude)を取得し、2016年~2017年の間、ロンドンの法律事務所Slaughter and Mayにて勤務。
コーポレートファイナンス、プロジェクトファイナンス、不動産関連取引、洋上風力発電プロジェクトなどのエネルギー案件、PFI事業、空港民営化、鉄道、船舶、発電施設をはじめとする国内外のインフラ関連プロジェクト、M&A・ジョイントベンチャーを中心として、一般企業法務全般を取り扱う。
不動産関連取引に関しては、都心部を中心とする大規模再開発案件、ホテルやデータセンター等のオペレーショナルアセットの取得・運営、J-REIT、私募ファンドの組成、レギュレーション、不動産ファイナンス、日系企業による海外不動産投資など、幅広い経験を有する。

2007
慶應義塾大学法学部卒業
2009
慶應義塾大学法科大学院修了
2010
長島・大野・常松法律事務所入所
2016
University of San Diego School of Law卒業(LL.M., Magna Cum Laude)
2016 - 2017
Slaughter and May (London) 勤務
2020 -
長島・大野・常松法律事務所パートナー

すべての業務分野

すべての職位

職位
× 閉じる

すべての拠点

拠点
× 閉じる

すべての資格/登録

資格/登録
× 閉じる

すべての言語

言語
× 閉じる
× 閉じる
業務分野を選択
× 閉じる